月別アーカイブ: 2015年9月

【新製品プレビュー】ファルシュルムイェーガー(降下猟兵)ユニットボックス

ドイツアーミーの精鋭部隊である降下猟兵ことファルシュルムイェーガーがプラ製のミニチュアとなって来月登場予定です!今日はミニチュアの写真とランナーをご紹介!

WGB-FJ-02-Fallschirmjager-plastic-box-a-600x404

ドイツ降下兵部隊は二次大戦において初めて大規模な降下作戦を実行した部隊で、1939年以降数多くの場面で活躍をすることとなった。1940年のエバン・エマール要塞の占領や北欧侵攻における降下作戦、1944年のモンテ・カッシーノの戦い、ノルマンディー上陸作戦におけるカランタン防衛戦など多くの有名な戦闘に参加していることで知られている兵力です。

WGB-FJ-02-Fallschirmjager-b-1-600x545

fj6-300x300-2fj5-300x300fj1-300x300 fj4-300x300fj3-300x300fj2a-300x300

上6つの写真が作例になります。基本的には腕に武装が付いているパーツが目立ちますが、敵味方問わず他の兵の武器のパーツをすげ替えてあたかも現地調達した装備で戦う兵を再現することも可能です。
もちろん、ブリッツクリーグのドイツ兵やジャーマングレナディア(擲弾兵)のプラボックスを組み合わせて自分好みのポージングで兵を組み立てることが可能ですので、ゲームだけではなく作り上げる行程も十分に楽しめるキットになります。

WGB-FJ-02-Fallschirmjager-z1-600x518-2

ドイツアーミーの新製品「ファルシュルムイェーガー(降下猟兵)」の発売は10月を予定しています。続報をどうぞお楽しみに!

ボルトアクション 名古屋イベント「World War Nagoya」フォトレポート

8月15日に名古屋で開催されたクラブチームによるボルトアクションのトーナメント
「World War Nagoya」のフォトレポートがクラブチームで楽しんでいるジャスティンさんから 届いたので紹介!メッセージどうもありがとう!

当日はゲームテーブルをフランス・西部戦線(砂漠仕様)・スターリングラード(市街)の3種類のテーマを持たせた戦場を用意し、随所に工夫と高揚感のあふれる戦場だった様子。

トーナメントに参加したプレイヤーはまず連合・枢軸国側で分かれて、それぞれのテーブルが
連合国軍VS枢軸国軍になるように対戦相手を分配し、最終的に勝利ポイントが一番高かったプレイヤーがトーナメントの勝者となるような形式のイベント。

参加されたプレイヤーはみな普段からクラブチームで共にゲームを楽しんでいる仲間が中心だった様子だが、時に真剣にそして時に和やかな雰囲気で1日楽しまれた様子だ。

イベントおつかれさまでした!これからもぜひボルトアクションを楽しんでくださいね!

nagoya01
西部戦線の砂漠をイメージした戦場。テレインが少ないのがポイント。

nagoya02
スターリングラードのメインストリートをテーマにした戦場

nagoya03
重要拠点となった橋のあるフランスをテーマにした戦場

 

nagoya04 nagoya05 nagoya06 nagoya