スーパーダンジョン エクスプローラーのボックスを開けてみた

Pocket

SDE-Header-900x325

以前Twitter等でつぶやいたのですが、サポートウェブの上記にミニチュアボードゲームの「スーパーダンジョンエクスプローラー」のページを新設しました。

11月22日(日)に東京ビックサイトにて開催されるゲームマーケットにて日本語翻訳付きのゲームボックス「フォゴットンキング(和名:忘れ去られし王)」がリリースになります。

スーパーダンジョンエクスプローラーについては上のメニューからチェックしてみてください!

SDE-NJD-SPM210501-Forgotten-King-900x491

さて、今回はこのボックスの中身をご紹介しましょう。

10959413_10153097702794459_8995209846683027721_n

こちらがパッケージ。
約30センチ×30センチ×10センチの箱に描かれたポップなイラストが目印です。

10959480_10153097702789459_892423789029530113_n 10446644_10153097703014459_4565894870431131671_n

箱を開けると4冊の冊子と8枚の両面印刷されたカードボードが目に入ります。

これらの冊子はゲームの流れを簡単に紹介した「クイックスタートガイド」とクラシックモードのルールブック、アーケードモードのルールブック、そしてスーパーダンジョンエクスプローラーの世界観を紹介したエクスプローラーズハンドブックの4冊。
ゲームに挑戦する前にまずはパラパラとチェックすることをおススメします。

1610874_10153097703104459_5742955513771630393_nそれらの冊子を取り出すと、ゲームのステージとなるダンジョンタイル6枚(ちなみに両面印刷)とゲームに使用するトークン(なんと248個!)のシートが入っています。切り離す時には紛失に気をつけながら作業してください。

10978482_10153097703129459_2669286402974132492_n

さて、各シートを取り出した後は写真のような感じになります。

10338728_10153097703449459_3614573687316186844_n  10978664_10153097703174459_2859010841070588979_n

スーパーダンジョンエクスプローラーをプレイする際大切な要素のカード(237枚!!)と、このゲームオリジナルのダイス3色(水色・赤・緑)計16個がセットされています。

それぞれのカードはパッケージにあるようなポップで魅力的なキャラクターが描かれています。
ちなみに、右の敵はフロッグナイトというモンスターです。カエルの騎士。敵キャラクターですけれど、どこか憎めない愛らしいキャラクターで(ゲーム中は憎らしいですけどね。。。)見ていてちょっと和みますよね。

1964800_10152361978969459_1307904666_n 10390323_10152535613989459_5624038563062913761_n

ちなみにここに書かれているカードの見方はまた改めて紹介しますが、ここに表記されている内容がキャラクターのステータスや特殊能力・スキルになります。

 

10436247_10153097703704459_7296063518147901387_n

さあお待ちかねのミニチュアをチェックしてみましょう!
このような袋にこれでもか!とミニチュアが合計58体分色分けされて封入されています。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE 

基点グレイ色のミニチュアがダンジョンを探索するヒーローのキャラクターで、緑色のミニチュアがヒーローに襲いかかるモンスターやボスのキャラクターになります。これらのミニチュアはすでに組立てが完了しているので、開けたその時からすぐにゲームに挑戦できるようになっています。

Exif_JPEG_PICTURE

ミニチュアのアップ写真がこちら。
プラスティック製ながらミニチュアの造形がしっかりとしているので、ゲーム以外にもペイントを楽しめるデザインです。

 

という感じで今回はボックスの中身を簡単にご紹介しましたが、次回は簡単なゲームの遊び方についてご紹介して行きたいと思います。