【新製品レビュー】テープメジャー&ツンドラタフト

Pocket

今日は先日新製品情報としてご紹介したテープメジャーとツンドラタフトの実際の使用感についてご紹介します。いずれの製品もサポートベースにてサンプルがありますので、気になる方は店頭でもチェックしてみてください!

アーミーペインター「テープメジャー」 販売価格:900円

IMG_0934  IMG_0933

アーミーペインター社からリリースになった、ミニチュアウォーゲーマー向けの新製品であるテープメジャー。まずは上の写真をご覧ください。何とも見るからにごっつい印象のメジャーですが、しっかりと両方の距離に対応したメジャーとなっています。

実際に手に取る部分であるグリップも全体がラバー(ゴム)で覆われていますので、普通に使うのであれば手から滑り落ちることもないでしょう。

IMG_0936  IMG_0938 IMG_0937

テープメジャー自体のサイズは、ちょっと見づらいですが おおよそ縦6.5cm×横7cm×幅4cmとやや大きめのメジャーですが、しっかりとした作りになっていますのでエキサイティングなゲーム中であっても、丈夫なモデルとなっています。

IMG_0939 IMG_0940

このテープメジャーにはベルトなどに装着できるよう金属のクリップが付いています。
これは邪魔だと思ったら、写真のように取り外しが可能です。自分のスタイルに合わせて着脱して使用できるようになっています。

IMG_0942 IMG_0943

メジャー部分は幅2cm。長さは最大3mまで距離を計測することが可能です。また、テープメジャーの留め具の鋲は3点で留めてありますので、ハードな使用にも耐えられる丈夫な作りとなっています。また、距離を測る時に幅が広いので、メジャー部分が途中で曲がってしまい、ミニチュアや情景モデルに直撃ということが少ないのも魅力の1つです。

IMG_0944 IMG_0945

ストッパーは自動で止まるモデルではなく、中央のスライドロックストッパーが1カ所、
右側面と底面のボタン式ロック(押し込んで止める形式)が2カ所あります。

IMG_0946 IMG_0947

また、このメジャーにはゴム製のストラップが付いています。ちょっと長めのストラップですので、そのまま手首にくぐらせて使用しても良いでしょうし、邪魔ならばはさみ等で切ってしまってもいいでしょう。自分の使い勝手に合わせて使用してみてください。

やや大きめのテープメジャーですので、コンパクトにゲームを楽しまれたい方にはあまりオススメしませんが、丈夫なメジャーを探されている方にはオススメです!

ヒント:このゴムストラップをあえて切って、市販の携帯用ストラップを装着すれば、他の方のメジャーと混ざってしまった際に、すぐに自分のメジャーを見つけることが出来るでしょう。

 

「ツンドラタフト」 販売価格:800円

IMG_0950 IMG_0951

ベースデコレートの新シリーズ「ツンドラタフト」が登場です。ツンドラタフトは文字通り雪原・寒冷地に生えている草を再現するのにぴったりなアイテムです。
パッケージを開くと、右の写真の用にシートにタフトが両面テープで固定されています。
これを手で取ってもいいですし、ピンセットで取って自分好みのベースデコレートや情景モデル、またはジオラマの一部に使用できるようになっています。

IMG_0952 IMG_0953

今回は手元にあったUSインファントリーのミニチュアにモデルになってもらい、
寒冷地仕様のベースデコレートを施してみました。

まずはサンドを木工用ボンドで固定し、ボンドと水とウォーペイントの「ウルフグレイ」を混ぜて、目止めと着色を一気に行いました。地面の色をグレイ系の色にした理由として、このあとのベースデコレート素材のスノーを蒔いた際に冷たく見えるよう違和感のないようするために、使用しました。

カラーが乾いたら、まずタフトが剥がれないように接着したい場所に木工用ボンドを筆でくっつけます。(この作業が終わったら固まってしまう前に筆の水洗いを忘れずに!)そしたらその場所にツンドラタフトをくっつけます。

IMG_0955

ある程度、木工用ボンドが乾いたら、仕上げに雪の素である「スノー」を蒔いたら、完成。
写真のような仕上がりになります。
ボルトアクションであればソビエトアーミーやフィンランドアーミーのミニチュアと相性が良いのではないでしょうか。ぜひご自身のミニチュアのベースデコレートにいかがでしょうか?

 

【新製品レビュー】テープメジャー&ツンドラタフト」への2件のフィードバック

  1. 一プレイヤー

    テープメジャーについて気になることがあり連絡します。

    昨日店舗でメジャー拝見しました。

    鋲で留めてある留め具の位置がズレていて、留め具の先から測ると最初の1インチだけ3mmほど長くなっていました。

    たかだか3mm程度ですが、例えば移動中3回ほど移動の方向を変えると、都度留め具の先端から測ることになり、結局1センチほども余分に動くことになってしまいます。

    これでは対戦相手に対しフェアでなければゲームを楽しめないミニチュアゲームにはとても使えないなと思い、購入を断念しました。

    実際に品物を見たのはその一つだけですが、このページの写真はしっかり出来ているように見えます。

    品質が安定していないように思います。

    テープの鋲のための穴か、留め具の方の穴の位置のばらつきが大きいのだと思います。

    加工業者とばらつきの許容公差を取り決め、全点の受け入れ検査か、抜き取りでの受け入れ検査をして品質管理をした方がいいのではないでしょうか?

    以上です。

    1. admin 投稿作成者

      テープメジャーに関する情報ありがとうございます。
      アーミーペインター本社には頂戴したこの件について報告させていただきます。
      今後、お伝えできる情報がありましたらご連絡いたします。

コメントは停止中です。